ファッションビジネス戦略研究部会

研究部会データ

代表責任者 山村 貴敬(文化ファッション大学院大学教授)
事務局 荒川 京子(文化ファッション大学院大学講師)
連絡先 TEL:03-3299-2701 / FAX:03-3299-2701
設立年月日 平成13年7月
メンバー数 30名

主旨

アパレルから、服飾雑貨、インテリア・生活雑貨、フード、エンターテインメントに及ぶ生活文化提案産業=ファッション産業のビジネス戦略、特に、創造活動によって生み出されるファッションコンテンツを収益に結びつけるための、創・工・商をリンケージさせたファッションビジネス戦略について研究する。また、ファッションマネジメント環境の変化に対応する次代のFBモデルについても研究する。

具体的には、部会メンバーである研究者やコンサルタントが、国内外のケースの検証や新たな仮説を発表し、教育界のみならず、産業界に役立つような成果となることを目的とする。

沿革・経緯

平成13年
  • 7月研究部会設立。
  • 第1回「ファッションビジネス戦略/(1)メソッド (2)ケーススタディ」(講師:山村貴敬)
  • 第2回「カジュアルがオフィシャルに昇格する瞬間」(講師:池田正晴)
  • 第3回「伊勢丹BPQCの研究」(講師:高橋晃)
平成14年
  • 第4回「ファッションマーケティングにおける調査の実際」(講師:金久保健)
  • 第5回「新・大人服-その“大誤解マーケット”を探る!」(講師:長谷川功)
  • 第6回「注目のファッション街を歩く。キーワードはデザイン」(講師:菅野喜夫)
  • 第7回「ワールドカップOMDの事業計画と検証」(講師:今枝圭三)
  • 第8回-1「ロンドンのマーチャンダイジング・プレゼンテーション」(講師:中村芳道)
  • 第8回-2「ロンドン、デザイン事情」(講師:林直樹)
平成15年
  • 第9回「革新期のファッションビジネス」(講師:金久保健)
  • 第10回「ミュージアムを基軸とした街づくり」(講師:弓場哲雄)
  • 第11回「ファッションビジネスの戦略武装のための一考察-顧客視点における、近未来の社会変化の予測-」(講師:伊藤隆一)
  • 第12回-1「用と美の均衡に存在する=書とファッション・・思想を超越したスタイル」(講師:長谷川功)
  • 第12回-2「太極思想とファッションビジネス・・変化を感受して、創造する」(講師:山村貴敬)
平成17年
  • 第16回「ファッショントレンドの変化に伴う服装造形の研究」(講師:澤住倫子)
  • 第17回「次代のファッションビジネスに求められる人材」(講師:荒川京子、馬場園晶司)
  • 第18回「アパレルロジスティクス」(講師:鈴木邦成)
平成18年
  • 第19回-1「デザインマネジメントの視点」(講師:山村貴敬)
  • 第19回-2「時代背景によるデザイン」(講師:青木稔)
  • 第20回「日本のFB革新戦略」(講師:高橋尚嗣)
平成19年
  • 第21回「ファッションリテールにおける顧客満足経営」(講師:徳岡敬也)
  • 第22回「ストアアイデンティティとVMDの関係」(講師:福田博秀)
  • 第23回「商業施設における新しいサイネージシステムについて」(講師:弓場哲雄)
  • 第24回「国内アパレル生産の現状と今後の方向」(講師:知久幹夫)
平成20年
  • 第25回「海外の最新ファッション店舗事情-ベルリン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨーク、香港-」(講師:山村貴敬、長谷川功、徳岡敬也)
  • 第26回「日本のスカート市場及びスカートの着用意識」(講師:照井義則、徳岡敬也、大石さおり)
平成21年
  • 第27回「日本発のファッションビジネス物流モデルの構築事例の検証」(講師:鈴木邦成)
  • 第28回-1「上海における高付加価値ファッション市場の展望」(講師:山村貴敬)
  • 第28回-2「ファッション販売人材育成における商品知識(講師:荒川京子)

今後の活動計画

今後も、部会メンバーによる基調報告とディスカッションを中心とした、研究部会活動を続ける。次年度は、国内外の事例を検証しながら、ファッションビジネスのビジネスモデルについての研究などを行う。

加入案内

大学研究者のみならず、産業界でファッションビジネス戦略について考えておられる方、ともに研鑽する場として本部会への入会をお待ちしております。

問い合わせ先

住所 〒151-8521
東京都渋谷区代々木3-22-1
文化ファッション大学院大学 荒川京子
TEL 03-3299-2701
E-mail k-arakawa@bunka.ac.jp

ページトップへ