服装造形学研究部会

研究部会データ

代表責任者 池田 和子(文化学園大学教授)
事務局 池田 和子(文化学園大学教授)
連絡先 TEL:03-3299-2351 / FAX:03-3299-2351
設立年月日 平成9年
メンバー数 4名

主旨

服装造形学の立場から「着心地」の良い衣服パターン設計要因の解明を目的に、「着心地評価」のための計測機器による物性値と官能評価値との両面からの研究を行う。そのためにまず計測機器の開発に着手し、衣服の「着心地」に大きく関わる、衣服圧分布計測システムや変形歪計測を試作する。衣服を研究対象にしていることから圧力センサーを衣服側(ジャケット)に60点装着し、圧力分布を計測できるシステムと歪ゲージ式2軸センサーを縦横布目にあわせて縫い止めることで衣服の歪量を計測できるオリジナル計測システムを開発する。その計測システムと官能評価によるデータ解析により、「着心地」の良い衣服の最適ゆとり量等のパターン設計要因を明らかにする。

沿革・経緯

本研究部会はファッションビジネス学会設立と時を同じくスタートし、その後数年間は、設立主旨通りの研究活動を展開した。服装造形学の立場から「着心地」の良い衣服パターン設計要因の解明のための計測機器を開発し、その計測器のデータ再現性の実験と作業性の向上等の土台作りを開始し、計測機器のデータの信憑性が確認されたところで、市販の既製ジャケットの商品テストや、衣服のゆとり量の適正確認実験から、着心地のパターン要因の解明を行い、それらを随時学会等に積極的に発表を行った。

今後の活動計画

研究部会の主旨やその研究テーマに関する方向性についての重要性の認識は疑うべくもないが、今後の活動に関しては現在再編に向けて検討中である。

加入案内

「服装造形学研究部会」に興味のあるお方は、下記へご連絡ください。

問い合わせ先

住所 〒151-8523
東京都渋谷区代々木3-22-1 文化学園大学
服装造形学研究室 池田和子
TEL 03-3299-2351
E-mail ikeda@bunka.ac.jp

ページトップへ