デジタルテキスタイル研究部会

第二回デジタルテキスタイル研究部会講演会

新型コロナウイルスにより、人々は「リアルな」店舗に行かなくなり、ファッション産業は大打撃を受けました。ウィズコロナ、アフターコロナ時代に、店頭販売からE-コマースへ、大量生産から多品種小ロットの現地生産への流れは加速すると予想されます。プリント分野でこの変革を担っているのが「デジタルテキスタイル」と呼ばれているインクジェット等を用いて布や繊維に直接、印刷をする技術です。デジタルテキスタイルを導入するメリットの一つは在庫削減です。
 そこで、2020年度第二回講演会では、在庫に着目したアパレル生産の課題について学びます。なお、本講演会はファッションビジネス学会員および過去の本研究部会行事の参加者のみを対象とし、無料にて開催します。お申込みをお待ちしております。

開催概要

日 時 2020年12月4日(金) 15:00-16:00(受付開始14:50から)
場 所 ZOOMウェビナーによるオンライン開催
テーマ 「ZARAの在庫リスクマネジメントとサプライチェーン内製化に学ぶアパレル生産の課題」
講 師 有限会社 ディマンドワークス代表 齊藤 孝浩氏
講師プロフィール 総合商社のアパレル部門、欧州ブランド日本法人、アパレル専門チェーンを経て、2004年、ファッション流通事業のプロジェクトと人財育成を支援するディマンドワークスを設立。著書に『ユニクロ対ZARA』『アパレル・サバイバル』(共に経済新聞出版社)など。
参加費 無料
参加方法 下記URLからお申込みください。
https://forms.gle/KkQ1ATFxiVE5NRB56
定 員 100名(先着順)
主 催 ファッションビジネス学会 デジタルテキスタイル研究部会
<オンライン講座ご参加に伴う注意事項>
・ZOOMのウェビナーを使用します。本イベントでは使用方法等をサポート致しません事をご了解下さい。。
・本講座は、開催時間外は視聴できませんので、予めご了承ください。
・講座開催URLを他の方に知らせたり、SNS、ネットなどで公開しないようお願いします。
・オンライン講座の録画・録音は固くお断りいたします。

お問合せ等はデジタルテキスタイル研究部会 事務局 info@digitaltextileresearch.com 宛にお願いいたします。

ページトップへ